2005年10月31日

カッコイイFlashサイト v.1.03

こんちには。

今日は知る人ぞ知る(!)、東京プラスティックを紹介したいと思います。

Animation 2004 Sundance Online Film Festival(リンクは2006)でAudience Awardを取ったサイトです。

Sundanceの事はこれを書いてるときに知ったので僕も良く分からないのですが、1978年にUnited Stated Film Festivalと言う名前で開催されたのが始りらしいです。Hollywoodがらみで。w

さて、そのサイトですが一言で言うと、「センスのカタマリ」です!

plastic_1.jpg
↑フロントページは白ベース。

3つほどあるアニメーションの中で一番衝撃を受けたのが、drummachineっていうFlashアニメです。

plastic_2.jpg
↑何とこれがメニュー! drummachineはここの右上です。

plastic_3.jpg
↑バァーン!

ハッキリ言っておきます。これ、動きません。アクションも何もありません。

でも、そこらへんにあるちょっと動くFlashアニメ―ションよりは格段に見ごたえあります!

必見!


posted by 1.618 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

カッコイイFlash

今日紹介するのは、

synqlo_1.jpg
http://synqlo.com/

と言うサイト(Flashアニメ?)です。

キャッチフレーズが

「脳味噌をぶちまけたくなかったら、そこをどいてくれ!!1!」
(「1」っていうのが間違いでなく実際にサイトにあります。(わざと?))

という穏やかでないセンテンスですが、Flashの自体は何というか不思議な感じです。イイ意味で。

synqlo_3.jpg
ノモトニックな背景に(何故か)金魚が浮かび、

synqlo_3.jpg
ロボット(?)少女が荒涼とした平野にたたずむ…


なんとなく、ポエ山氏のキノっていう作品(後日紹介)を彷彿とさせますが、こちらのほうはセリフが皆無で精神世界が背景にあるように思えます。

…と、シリアスな感想になってしまいましたが、僕的にはこういう作品好きです。

こんなのつくれたらいいなぁ……w
posted by 1.618 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IO関係のクラス作ってみました。

ハッキリ言って、僕はIO関係のプログラミングが苦手です…

C/C++とかではIOプログラミングでエラーが出るとフリーズしたり文字化けしたりで、もうワケワカラン状態になってしまうからです… しかもエラーメッセージも無し…

Javaでは比較的簡単にIOプログラムを組むことが出来ますが、FileクラスやらBufferedReaderクラスやら結構複雑です…

なので、個人的なクラスを作ってまとめてみました。

TxtFileHandler.java
(パッケージはディフォルトのままにしてあります。)

使い方はいたって簡単。

データを読み込む時は、

TxtFileHandler tf = new TxtFileHandler("c:\String.txt");

とかやってイニシャライズさせます。
これをやることでファイルの中身が一行ずつVectorに格納されます。
そのVectorを確保するには

tf.readData()

でVectorが帰ってきます。

データを書くときは、

TxtFileHandler tf = new TxtFileHandler("c:\String.txt", true);

で書き込みのファイルを作成します。ちなみにtrueは上書きするかしないかを判断します。
(あくまでファイルの作成。データは入りません)

書き込むときもVectorしか受け取らないので、

Vector vc = new Vector();
vc.add(new String("Hello");


とかでVectorを作っておいて、

tf.writeData(vc);

でファイルに書き込みます。

簡単ですよね? w

おまけでgetBrokeDownVecってstaticなメソッドも作って見ました。
使い方としては、言葉で説明するより見てもらった方が簡単なんで…

まず、

String st = "asdf1|asdf2|asdf3|asdf4";

とか、”|”で文章が区切られていたとします。で、これらを分解したい時に、

Vector vc = TxtFileHandler.getBrokeDownVec(st);

とすると,

何と何と!

asdf1
asdf2
asdf3
asdf4


という4つのデータが入ったVectorが帰ってきます!

便利でしょ? w

JavaのAPIにもStringTokenizerってのがある(僕もこれを使ってます)んですが、設定が色々あってメンドクサイんですよね。
なので自分なりに簡単に出来るようにしてみました。

…残念ながらJavaDocは作ってません… ごめんなさい。w
posted by 1.618 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(1) | JavaTips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

Flash8使ってみました

昨日私の友人からFlash8を貸してもらってインスコしてみました。

flash8_1.jpg
↑Flash8です!

見た目はあんまりMXと変わりませんが、フィルターって機能が追加されてます。

これがカナリ使える代物になってます!!

例えば「ぼかし」って、今まではフォトショップとかを使って1フレームずつ、ごり押しで作ってた人が多かったんじゃないでしょうか?

今回からはフィルターのブラー(ぼかし)って機能を使えば簡単に作れてしまいます!

blur.swf
↑簡単な例作ってみました。

その他、ドロップダウンシャドウ色の変化なんかの機能もあります!

インターフェースも変更されてるみたいですが、ボタンばっか使ってるヘタレユーザーの私には分かんなかったです……

あと、個人的な感想になりますがビットマップ→ベクターイメージの変換が賢くなったような……


詳しい内容が知りたい人は、Macromediaのサイトへ。

重いけどMacromediaの気合がみたい人は、Studio8のプロモーションサイトへ。
posted by 1.618 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

カッコイイFlashサイト

えと、今日はゾンビフィードと言うサイトを見つけました!

ハッキリ言ってここにあるFlashアニメ(英語)はスゴイです!

↓これがフロントページです。
xombie_1.jpg

フロントページにはそんなに動くものはありません。

が!

Chaptersというメニューからダウンできるアニメがあるんですが、これがすごいカッコイイんです!

ストーリーは、

「世界のすべてがみんなゾンビになってしまった中、一人の知性あるゾンビが少女を家族がいるだろうと思われる町に連れて行く(未完)」

というものです。

…まぁ、ストーリーはあまりヒネってないですが、キャラがカッコよすぎです!

xombie_2.jpg

大量に襲いくるゾンビ達をスコップでブッタ斬り、
キャデラックでぶっ飛ばし、
相棒の犬ゾンビが食い千切る…!


こんなん見せられたら

「うぉ〜! シビ〜! Flash作りて〜!」

って衝動的に思ってしまいますよ誰でも。(笑)
posted by 1.618 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Flash紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ブログはじめます!

ブログサイトはじめます!

テーマはJavaとFlashです!
プログラミング、動画、Tips等を紹介していくつもりです!

posted by 1.618 at 20:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。