2006年04月17日

MIDPゲームの近況

段々サマになってきますた〜!

セーブ&ロード出来るようにしたんでケッコウいい感じでシナリオ作りできてます。

処理の流れは↓みたくなってます。

1.テキストファイル画像(パス)ファイルアニメーションファイルの読み込み。

2.画像(パス)ファイルから必要な画像のデータをImage型で読み込み、アニメーションがあればスタートさせる。表示。

3.テキストファイルから必要なものを抜き出して、表示形式に変換。表示。

4.キー入力があればメニューか、改ページに分ける。

5.現在のテキストファイルをすべて表示したら、次のテキストファイルとアニメーションファイルを読み込む。

6.(2.)に戻る。

ってな感じです。

アニメーションファイルで現在指定できるのは、上下左右からのフェードイン・アウト、上下左右への移動位ですね。
そのままブラーかけてのフェード効果は……まぁ前回説明しましたけど、ぶっとびますんでやめてます。w

それぞれのアニメの方法はstaticメソッド指定なんで、ソースに追加すれば簡単に何か作れます。例えば二次方程式なんかとか。w

↑の処理りストではえっらい簡単に書いてますが、それぞれケッコウ複雑な処理してます

例えば、フェード処理が終わったら自動的に次のページをめくるとか、データロードしたとき、この前一番最後にプレーしたアニメーションをやり直すとか。

あとはシナリオ作るだけですが、これが一番大変ですね……才能ねぇのに絵ェ描いたり文章書いたり……orz

demo1.jpg
↑ゲーム画面その1

demo2.png
↑ゲーム画面その2

ある程度まで出来たらデモ版リリースしようと思ってます……
多分NOKIA702NK(I・II)専用で。


posted by 1.618 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaTips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

MIDPでの画像取り込み時、気をつけたらいいかもしれないこと

J2MEも普通のJavaと同様、アルファブレンド、反転、拡大縮小…何だって出来ることは出来るんですが……

…結論から言って


や ん な


です。

画像が小さければ問題ないです。
ケータイの2Dシューティングやアクションゲームのキャラクターの大きさなんてたかがしれてます。

なんですが、僕が今作ってるのはアドベンチャーゲーム。

トーゼン、
画面範囲外に飛び出した広大な「背景」+大岩のような「立ち絵」xα
の処理になる訳です。

僕の使ってるのは前にも紹介したNOKIA702nkIIなんですが、

フェードアウトのエフェクトかけると「も〜ダメ〜! そんなおっきいの入んない〜!」ってメモリーちゃんが悲鳴を上げて失神してしまいますた。


……
………
げふんげふん。


……え〜、背景はJPGのクオリティー最低のもの。フォトショで調整します。

sunset1.jpg
↑273x208の画像で大体2.86KB。かなりちっちゃくできます。


キャラクターの立ち絵イメージの型はPNG24。アルファチャンネル使って半透明したいんで。

……これが、でけぇんですよ、マヂで……orz

michael11.png
↑103x153の画像で27.8KB……ふざけんなっ!!!って叫びたくなります。

ただ、半透明処理が出来て、Javaで取り込み可能で、比較的小さいサイズに出来るもの……ってのがPNG24しかないので、泣く泣く使うことにします……

……メモリー頑張ってくれ……俺のってスゲーデカイんだ……

……で、出来上がりはこんな感じ。白い縦線はきにしないで下さい。
gamen1.jpg
↑エミュレータ上での画像。

gamen2.jpg
↑実機での画像。

使ったのは

createImagedrawImageだけ。

イメージのパスのみを最初に外部ファイルから読み込んでおいて画面でそのイメージファイルが必要ならばその時にcreateImageでJava側に持ってくるようにしています。

画面表示が変わった時少々ロード時間がかかってしまいますが、最初にイメージファイルを全て読み込もうとすると前にも書いたようにメモリーが「もうダメ〜! イッちゃう〜!」って悶えるのでやめといてあげます。(ほっといたら気絶しちゃうし。w

はぁ〜……ケータイのアソコってホントちっちゃいですね。入れるのに一苦労です。
……まぁデスクトップ(Swing)のガバガバのアレよか刺激があっていいのかもしれませんが。



……
………
げふんげふん。

でわでわ。
posted by 1.618 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaTips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

難解化ツール:ProGuard

ProGuardは「Obfuscator(難解化ツール)」の一つです。
ObfuscatorとはJavaクラスファイルの逆コンパイルをしてソースを盗み見る事を防ぐツールです。
もう一つの利点はコンパイル時に自動的にJarファイルの最適化が行われ、クラスファイルのサイズが小さくなるそうです。

んじゃま、云ってもしょーが無いんで早速インストールします。
インストール自体は簡単。→Proguardほむぺ
ダウンロードしてどっかのフォルダにぶち込むだけ。

…ざっとドキュメント見たんですが、何かパス設定の事が書いてないんですけどしないんですけど…まぁGUIがあるからいいのかな?
GUIはケッコウ軽いしカッコイイです。

proguard01.jpg
↑GUIフロント。生意気にもアニメーションしやがります。w

…まぁEclipseMeがあるからGUI使わないですけど。(EclipseMeについては過去の記事を参照してくださいです)

ではEclipseMEでのProguardの設定をしますが、これが中々曲者です。
…いや、やる事はProguardのJarファイルを指定するだけなんですが、EclipseMeからその設定画面に行くまでが大変っつうか分かり難いっつうか…orz

作ってあるMidletProjectから:

Properties」→「J2ME」→「Manage Devices」→「Packaging」→「Obfuscation」→「Browse

と行ってProguardのルートディレクトリを指定します。



……

………ふざけんな!!

って思わず叫んでしまいそうに長いし分かり難い所にありますが、分かりやすく一画面でまとめてみたのでみてみてみてください。

proguard02.jpg
↑Proguardのルートを設定する所。

…で、コンパイルなんですが…

"Proguard not correctly configured"

って僕のマシンでは出てきてしまいます…orz

がー! ムカツク!
ナゼぢゃー!
posted by 1.618 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaTips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。