2015年04月01日

Unity5でブラーエフェクトを導入してみる

Unity5になって以前はProでしか使えなかった機能が使えるようになった。 その内の一つであるブラーを使ってみる。 Assets->Import Package->Effects で基本パッケージをインポート。 ソースを見ても分かるがBlurはカメラに設置されるものっぽい。 自分がやりたいのはメニューやらのポップアップが出た段階でブラーがかかって、その上にウィンドウがのるというもの。 背景を写すメインカメラにBlurクラスを設置。 これだけでメインカメラが写すもの全てにブラーかかかる。 シェーダーにモバイル用のモノがあるのでソレに変更。 後はスクリプト内でusing指定してGetComponent().enableでtrue、falseで切り替えるだけ。 相当簡単に実装できる。 Unity5バンザイw


ラベル:Unity3d ImageEffect
posted by 1.618 at 18:05| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。