2005年11月23日

JPEG等のイメージの詳細を調べるコード

前回までに回転グレースケール化の仕方をお話しました。
で、トーゼンブラー効果もある訳ですが… これがちょっと曲者です…

ブラー効果に使うAPIは特定のイメージフォーマットしか受け付けないので、まずはイメージの詳細を調べるコードを作成

ImageDump.zip
↑ソースです。

Staticなメソッドなんで使い方は簡単。
知りたいイメージをBufferedImageとして読み込んでImageDumpを使用するだけ。

try{
 File f1 = new File("someimage.jpg");
 BufferedImage img = ImageIO.read(f1);
 ImageDump.dump(img);
}
catch(Exception e){
 System.out.println("Error reading image");
}

とすればいいです。

ディスプレーされる情報は、

BASIC BUFFEREDIMAGE ATTRIBUTES
COLOR SPACE
COLOR MODEL
RASTER
DATA BUFFER
SAMPLE MODEL


って所です。

でわっ!


posted by 1.618 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaTips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。